スポンサーサイト

  • 2019.05.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    雨の日もサラサラ

    • 2018.05.30 Wednesday
    • 23:02

    「何故ナトリウムは、健康の敵なのでしょうか?
欧米では、おおくの場合、工場生産の食品には、岩塩を使っていました。岩塩を一旦溶解して、窯で煮詰め、再結晶させます。サラサラにするために、さらに高温で焼かれたものや、炭酸マグネシウムや、ケイ酸カルシウムを添加したりしました。しかし、工場での食品生産に必要とされたこのような塩は体内に入ると、人間の身体は、異物だと判断し排除しようとします。細胞を収縮させ、排泄しようとします。この時に、細胞の一部は傷つき、また、この収縮には大変なエネルギーを使うために、排泄器官は、疲れ切ってしまいます。人間が手を加える事で、不自然になってしまったナトリウムを自然の秩序は嫌い、排泄しようとするのです。この為に、細胞はダメージを受け、健康は害されてしまいました。このように、悪いのは、塩ではなく、工場生産における加工食品の必要性だったのです。ですから、毎日の食事が、欧米化されてゆくと、日本でも、やはり、欧米で起きたことと同じような臨床結果が目立ち始めているのかもしれませんね。
・・・雨の日もサラサラ・・・」

    何故ナトリウムは、健康の敵なのでしょうか?
    欧米では、おおくの場合、工場生産の食品には、岩塩を使っていました。岩塩を一旦溶解して、窯で煮詰め、再結晶させます。サラサラにするために、さらに高温で焼かれたものや、炭酸マグネシウムや、ケイ酸カルシウムを添加したりしました。しかし、工場での食品生産に必要とされたこのような塩は体内に入ると、人間の身体は、異物だと判断し排除しようとします。細胞を収縮させ、排泄しようとします。この時に、細胞の一部は傷つき、また、この収縮には大変なエネルギーを使うために、排泄器官は、疲れ切ってしまいます。人間が手を加える事で、不自然になってしまったナトリウムを自然の秩序は嫌い、排泄しようとするのです。この為に、細胞はダメージを受け、健康は害されてしまいました。このように、悪いのは、塩ではなく、工場生産における加工食品の必要性だったのです。ですから、毎日の食事が、欧米化されてゆくと、日本でも、やはり、欧米で起きたことと同じような臨床結果が目立ち始めているのかもしれませんね。
    ・・・雨の日もサラサラ・・・

    減塩食・高血圧

    • 2018.05.30 Wednesday
    • 22:56

    (ウンチョコナースさん( ´∀` ))
    【 減塩食・高血圧 】
    幸齢者は血圧が高い。
    それは、老化により身体の中の水分量が少ないから。
    長年使った血管がカチカチ(動脈硬化)で、筋肉も衰えてるので、心臓が力いっぱい押し出して頭のてっぺんからつま先まで血液を送ろうとするため。
    子供は血圧低い。
    身体が小さくて、水分量が多くて良く動く。
    血管も筋肉も柔軟性がある。
    だから、心臓は優しく血液を押し出し、成長著しい細胞に血液をくまなく送るために早めに動く(心拍数は大人より早い)
    そもそも、正常の血圧は年齢によっても、体の動きによっても異なる。
    『そもそも正常値って何⁉️』
    そして高血圧だからと降圧薬を処方。
    減塩にして、幸齢者さんに『脱水になるから』と、お茶や、水をたらふく飲ませる。
    どんどん浮腫む。
    浮腫むと利尿剤。
    利尿剤で脱水。
    脱水だから点滴。
    点滴して浮腫む。
    繰り返し。
    臓器は疲れる。
    どんどん浮腫む。
    って繰り返しで、ついには点滴で溺れる。
    幸齢者のさじ加減難しくてね。
    介護に関わる方。
    水分ばかり飲ませていませんか⁇
    ミネラルバランスが整えば、闇雲に水分飲ませなくても大丈夫。
    だから減塩食にしなくて良いんだよ💖
    あ、調味料のお塩は食品添加物の薬品『食塩』ではなく、自然塩でお願いしますね😊
    減塩食で毎度あり‼️

    腹水

    • 2018.05.30 Wednesday
    • 22:52

    ウンチョコナースさんより

     

    【 腹水と浮腫み 】

    腹水は病院では利尿剤かお腹に穴を開けて(腹水穿刺)出します。
    浮腫みは利尿剤が一般的な処置。

    人工的に一氣に抜くと、電解質バランスを崩してしまうので腹水穿刺でも1度に全部抜く事が出来ません。
    なので、電解質のバランスなどを見ながら抜くわけです。
    でも、身体が悲鳴を上げているのに薬で抜いたり、腹水穿刺で水を抜いても、内面から改善していなきゃまた直ぐ貯まるんですね。

    利尿剤も腹水穿刺も
    腹水から来る苦しみを和らげる対処療法なんです。

    根本治療ではないんですね。

    口から入れる自然なお塩が1番身体に負担をかけません。
    浮腫みのある方、腹水でお悩みの方、お塩舐めてみませんか
    血液の中を塩分濃度0.85%に保つ事で、不要な水分を、血管を介して浸透圧の働きで水分を優しく引き出してくれます。
    そして、お塩が行き渡った腎臓が元氣を取り戻し、尿として出してくれますよ☺️

    私は大好きな #天日海塩 で浮腫み予防
    #天日塩梅 の梅酢も大好き💕
    飲めばトイレと仲良く出来る〜
    以外と直ぐ仲良く出来る〜
    お塩パワー💖

    浮腫みと腹水は違う
    身体から出せなくなった水を、足に貯めたか、腹腔に貯めたか、はたまた肺に貯めたか、そこの違いだけです☺️
    もう1つ考えられる事は、疲れ果て炎症を起こして熱っぽくなった臓器や関節を冷やす為に水で冷やそうと集まると言う事もあるみたいです☺️

    身体は全て繋がっています

    塩分濃度0.85%って、良い塩梅ですよ💖

    私は大好きな #天日海塩 で塩梅みてます(´ω`)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM