スポンサーサイト

  • 2019.05.15 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    指の水かきをつまむ法:風の症状緩和に

    • 2016.02.24 Wednesday
    • 09:43
    足の指も水かきつまんでね。


    やり方はとても簡単で、
    手指と足指の、付け根にある水かきをつまむだけ。
    軽く、すべての指の間で行い、何回か繰り返す。

    以下転載です。 

     指の水かき療法は、天寿堂で教わって以来、毎日風呂に入りながらとか寝しなにつまんでいる。
    私の場合はみずかきを自分でつまむとお腹がゴロゴロ鳴る。経絡でつながっているからだ。
    身体が喜んでいる実感がある。
    風邪を引かないから、風邪に有効かどうかは確かめていないが、効くはずだと思っていた。


     天寿堂稲村さんによると、この指の水かきのツボは交感神経を活性化させるのだそうだ。
    どうもツボ自体が交感神経を活性化させるもののようである。
     それで、稲村さんによれば、風邪は交感神経の弱まりが原因なので、水かきを押す(つまむ)ことで、
    交感神経の弱まりが一発で改善され、風邪も治ってしまう。


     稲村さんは「水かき療法」として確立させたいと仰っている。
     感染症には東洋医学は無力だと言われて、明治以降西洋医療にとって代わられたが、
    江戸時代には漢方や鍼灸治療で治していたのである。
    感染症も、ツボで治ることが明らかになっている。


     つまり、感染症も、いかにもウイルスや黴菌が感染していないわけではなかろうが、
    それは交感神経の弱まりや歪みが原因となって、ウイルスや細菌の侵入と増殖を招く結果になるのであろう。

     いかに体内でウイルスや最近が猛威をふるっていても、
    交感神経を正常に戻してやれば、神経が治癒に働いてくれて、風邪の症状は治る。



    心に青雲さんからの引用です。http://kokoroniseiun.seesaa.net/article/433806966.html

    青雲さんも書かれていますが、
    私も、お腹が、ゴロゴロと、何の音かと思うほど、動き始めましたww。
    でも、べつに、お腹をこわすようなことはありませんでした。

    手を揉んでもらうのって、
    とても気持ちが良いですよね。(余程、よこしまな思いのある人はべつ、)











     

    スポンサーサイト

    • 2019.05.15 Wednesday
    • 09:43
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM